編集部ブログ

キッシュヨロイヅカ江ノ島店に行ってきた!

編集部ブログ

キッシュヨロイヅカ江ノ島店に行ってきた!
フフルルマガジン編集部のメンバーが制作の裏側をあれこれ紹介するコラム。今回はパティシエとして有名な鎧塚俊彦さんプロデュースの新店舗、「キッシュヨロイヅカ」に行ってきました!
こんにちは!フフルルマガジン編集部のおがわあきです。

5月になって、肌寒く感じた4月とは一変。ぽかぽかと暖かい日が多くなってきましたね。行楽シーズン到来!...ですが、実はゴールデンウィークは仕事でほとんど遊びに行けず。でも少しくらい行楽シーズンらしいことがしたい...。そんな切実な願いを実現するべく、ふらっと江ノ島に行ってきました。
江ノ島の海沿いには多くのレストランが立ち並んでいますが、その中でも特に気になったのが、「キッシュヨロイヅカ 江ノ島店」。

今年の4月21日にオープンしたばかりで、テレビにもよく出演している有名なパティシエ鎧塚俊彦さんプロデュースのキッシュ専門店です。

なんでキッシュ専門店?

「パティシエなのにキッシュ...?」と疑問に思われる方もいると思いますが、なんでも鎧塚さんは若いころからキッシュ専門店を開くことが夢だったらしい。

スイスのキッシュ屋さんで働いていたとき、キッシュの美味しさに感動してから、その思いを強く持ち続けていたのだとか。

あの有名な鎧塚さんのお店。美味しくないわけがない!わくわくしながらさっそく行ってみました。

駅から歩いてすぐの好立地!

江ノ島電鉄の江ノ島駅から歩いて5分。レンガ造りのかわいらしいお店が見えてきます。
お昼からティータイムにかけては混み合うことが多いそうなのですが、今回は夕方ごろに行ったのもあって、並ばずに入ることができました。

店内もレンガ造りで落ち着いた雰囲気。
ディナータイムはワインバルになるので、様々なキッシュやそのほかのメニューとともに、美味しいワインもいただけます。

バリエーションの多さに迷いながらもオーダー

メニューを見てみると全部で19種類のキッシュが。
どれにしようかしばらく迷い......、こちらの4つをオーダーしました。手前のお皿の右側が「キッシュプリン」、左側が「ラザニア」。奥のお皿の右側が「丸ごとトマト2種のチーズソース」、左側が「ラタトゥイユ」。
どれも生地がサクサクで美味しかったのですが、特に気に入ったのが「ラザニア」と「ラタトゥイユ」。
ラザニアはミートソースの上にナスが添えられていています。キッシュのパイ生地がラザニアのパスタ代わりになっていて、食べごたえも十分。キッシュといえば、小麦粉や卵、牛乳、ホウレンソウなどを合わせた具材を生地に注いで...というイメージが強かったのですが、ラザニアにこのキッシュのイメージを変えられてしまいました。

ラタトゥイユはパプリカ、トマト、ズッキーニがパイ生地の上に。キッシュそのものは大きくないのですが、具材が大きめにカットされているので、野菜それぞれの美味しさが味わえます。

テイクアウトも気軽にできちゃいます

今回はお店でいただきましたが、テイクアウトもできるので、江ノ島の浜辺で海を見ながら食べるのもいいかもしれないですね。

人気沸騰間違いなしの「キッシュヨロイヅカ 江ノ島店」。江ノ島に遊びに行ったときにはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

キッシュヨロイヅカ 江ノ島店

【所在地】〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目17番地22号
【営業時間】9:00~21:00
 ※イートイン含みます。
 ※営業時間は季節により変更があります。
【お問合せ】0466‐21‐7784

この記事を書いた人

小川 亜希

神奈川在住。大学は政治学科で、地方自治論、特に観光事業を専攻。レトロな雰囲気のお店や場所大好き。田舎旅行をよく決行している。

この記事に関するキーワード