編集部ブログ

いちごづくし!春の箱根スイーツコレクションに行ってきた!

フフルルマガジン編集部の遠足です!

いちごづくし!春の箱根スイーツコレクションに行ってきた!
フフルルマガジン編集部のメンバーが制作の裏側をあれこれ紹介するコラム。 今回は期間限定で開催されている箱根スイーツコレクションの体験レポートをご紹介します。
こんにちは!フフルルマガジン編集長の中堀です。

昨秋、箱根スイーツコレクションというイベントの記事をアップしました。
みなさん覚えているでしょうか?

秋のスイーツ目白押し!箱根スイーツコレクションに行ってきた!

そしてこの春にまたもや開催されることを知りました!
箱根スイーツコレクション2016
箱根スイーツコレクション2016
おいおい、もう結構前からやっているじゃないか......。
でも今からでも遅くない!すぐに行こう!

ということで編集部メンバーで箱根に行くことにしました!
今年のテーマは「リボンスイーツ」ということです。
箱根を訪れたお客様に感謝への気持ちの印として、リボンをモチーフとしたスイーツを各店が出してくれるようです。

箱根エリア35店舗で開催中ですので、ふらっと入ったお店でもやっているかもしれませんよ。

箱根到着!さっそく1軒目!

ロマンスカーを降りて箱根湯本駅の改札を出ると温泉街でした......。
と言いたいところでしたが、曇ってる!!
少し肌寒い春先の箱根。しっかりとした防寒が必要でした。

さっそく1軒目に行きます。
改札を出てすぐ脇にあるのがこちらの「箱根カフェ」。

記念すべき一品目は「苺のボストック」。
生乳のとチーズの2種の生クリームが乗っており、それぞれの甘味と酸味がマイルドな口当たりでとても美味しく頂けます。そこに添えられた苺のアイスがしっかりとした味で、クリームによってとても引き立ちます。

こちらのリボンはチョココーティングされたプレッツェルでした。
またボストックといわれるパンの歯ごたえがしっかりとしたボリューム感を感じさせてくれるので、満足度も高い!

1軒目からそれなりに満腹ですが、さっそく2軒目に向かいましょう!

2軒目は個性的な内装のカフェ。

さて次に訪れたのは「craft & cafe ISAMIYA」。
こちらでいただけるのが......
「~天使のギフト~豆乳チーズプリンとフルーツのクレープ包み」!

もう見た目から豪華でかわいらしいですね!
真ん中にバニラアイスと豆乳プリンがあるのですが、その周りに刻まれたフルーツがたっぷり!
オレンジ、キウイ、ブルーベリー、ラズベリー、そしてイチゴといった季節のフルーツでアイスとプリンの甘味をさっぱりさせてくれます。

また店内も個性的な雰囲気で、ちょっと昔にタイムスリップしたような気分になります。
今回も各店でメッセージカードをもらえます。
そのスイーツに込めた思いの他、箱根の観光名所などが書かれています。
是非参考にしてみてくださいね!
(我々はひたすらスイーツを食べたので、一つも観光できませんでした......。)

3軒目は名店ちもと。

3軒目に訪れたのは、湯もちで有名な「茶のちもと」。
こちらの春スイーツは「結-yui-」。
しっとりしたスポンジの間にパンナコッタが挟まっていました!そしてあんずジャムの寒天リボンに羊羹の紐で結ばれています。
和洋のスイーツが見事に融合していて見た目にも楽しい一品でした。

杏の酸味とスポンジやパンナコッタの種類の違う甘味が感じられて、飽きない美味しさです。お抹茶の苦味ともマッチしていて、とても満足できるスイーツでした。

そろそろお腹が膨れてきたところで最後のお店に向かいたいと思います。
道中梅の花が咲いていました。こんな低い枝もあるんですねーと見とれる新メンバーの中島。
今後ブログなどでお世話になるかも知れません。
よろしくお願いします。

ラストは真っ赤なハートの苺スイーツ

前回同様、最後に訪れたのが、「湯本富士屋ホテル」。
箱根湯本の駅からあじさい橋を渡った、すぐの場所にあります。
この段階でも曇っていましたね。
こちらでいただく旅の締めくくりスイーツが「Vrai Coeur(ヴィレクール)~まごころ~」。
真っ赤なハート!女子力高そうな見た目!
フランボワーズのジャムが挟んであるイチゴとチョコのムースが絶品!
リボンやプレートからも感謝の気持ちが伝わる通り、食べていて笑顔になってしまうスイーツです。
食感もムースのしっとり感と散らされているクッキーのザクザク感とで交互に楽しむことができます。

4種類のスイーツを食べて大満足なのですが、普段甘いものを食べないのでお腹がかなり気になります。
運動でもしますかね......。

今回ご紹介したスイーツの中には、数に限りがあるものがありますので、ご注意ください。
実はもう一店行っているのですが、そこは今回の春スイーツは完売していたんです。

さていかがでしたでしょうか?
今回は湯本エリア周辺のお店を紹介しましたが、強羅や仙石原、果ては御殿場まで楽しむことができます。
温泉だけではなく、スイーツも楽しめる箱根。この時期もおすすめですよ。

それでは編集長中堀でした!

この記事を書いた人

中堀 那由太

PR会社を経て2014年にネットプロテクションズ参画。フフルルマガジン編集長を務める。北欧風インテリア記事の編集を手がけるも、自宅はまったく北欧から程遠い。というより北欧がなんたるかわかっていない。ただ、ハーゲンダッツが北欧発じゃないことは知っている。

この記事に関するキーワード