くらし

たまらなく愛らしい!無骨ポップなBUNi PUNi

フフルルニュース

たまらなく愛らしい!無骨ポップなBUNi PUNi
ふふふ&るんるんな情報を全世界から探し出し、お届けするフフルルニュース。今週は一目惚れ必至!たまらなく愛らしい手作りのウッディなマスコットを手がけるブランド「BUNi PUNi」をご紹介!

イラストレーターの菅野旋(かんのせん)がひとつひとつ手作りで木を彫り、絵付けしている、魅力的なハンドメイド雑貨の世界をお楽しみください。

BUNi PUNiが掲げる「無骨ポップ」とは?

— 拠点はどちらですか?

 

菅野さん:神奈川県の住まい兼アトリエで制作をしています。インターネットを中心に活動をしており、ネットショップを拠点に全国に作品をお届けしています。

アトリエも可愛らしい!
アトリエも可愛らしい!

— 制作にはどれくらいのお時間がかかりますか?

 

菅野さん:一作品ごと満足のいくまで作っているので、一日でできる時もあれば、何日もかかってまだできない時もあります。

— こだわりのポイントがありましたらお教えください。

 

菅野さん:木彫りには、バルサ材という世界一軽くて柔らかい木材を使っています。削りやすいので、直感的な造形ができます。旅先のお土産屋さんで出会う民芸品のような、極めて素朴な風合いを大事にしています。私たちはそれを「無骨フォーク」「無骨ポップ」と呼んでいます。

 

ねこでもうさぎでも女の子でも、どんなモチーフを扱っても可愛らしくなってしまうBUNi PUNiの世界、すてきです。

 

⇒詳しくはこちら:BUNi PANi

 

文・齋藤あきこ

この記事に関するキーワード