くらし

コップを乗せるだけではもったいない!コースターを取り入れたインテリア

フフルルニュース

コップを乗せるだけではもったいない!コースターを取り入れたインテリア
コップの受けとして使うコースター。食卓に使う道具の中でも特に好きなアイテムです。理由はコップに「おめかし」をしてあげる役割があるように感じるから。様々な種類のコースターを持っていますが、いつしかコースターを本来の用途だけでなくインテリアのアクセントとしても使うようになりました。
本日は、我が家のコースターを使ったディスプレイをご紹介したいと思います。乗せるものによって違った表情を見せてくれるのは、とってもおもしろいですよ。低価格で購入できるものが多いですし、今自宅にあるものを使ったりして、気軽に楽しんでいただきたいです。

様々な素材のコースターを持つことで、いろいろなインテリアを楽しめます

写真は、我が家にあるコースターの一部です。

布、真鍮、アイアン、ガラス。コースターには様々な素材や色のものがありますよね!食卓に彩りを添えたり、インテリアの引き締め役になってくれたり...。いくつか種類を持っていると本当に便利です。

キャンドルを乗せてインテリアの主役に

私のお気に入りのキャンドルは、IKEAのプチプラキャンドル。シンプルなガラスに入っているところと、バニラの甘い香りがお気に入りポイントです。

ただ、そのまま飾ると少し寂しい印象になってしまいます。そこで同じガラス素材のコースターをキャンドルの下に敷いてみました。すると、一気に主役級の雑貨に早変わり!火を灯したときにも、炎のあかりがコースターのガラスに反射してとっても綺麗です。

大きめのコースターには置き時計がぴったり!

ナチュラルになりすぎてしまう雑貨には、男前なアイアン素材がオススメ!

テレビ台にディスプレイした時計やフレームがナチュラル過ぎるかも...?そう思って時計をアイアン製のコースターの上に乗せてみました。大きめサイズのコースターなので、隙間にはグリーンを添えて...。一気に空間が引き締まり、バランスの良いインテリアになりました。

木の実を乗せるだけの簡単ディスプレイ!

狭いスペースでも、家にあるものを使って簡単に飾ることもできます。

写真は、ドライの植物とくるみを真鍮のコースターに乗せただけ!小さなコースターですが、真鍮はそれだけで存在感のある素材なので立派なインテリアになります。お子様が持ち帰った木の実なども、乗せてあげるだけでおしゃれなディスプレイに早変わりしますよ。
コースターを使って簡単にできるインテリアディスプレイをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

これだけ活躍の幅が広いアイテムなので、食卓に使うだけではもったいないですよ。コースター自体の大きさが小さいからこそ、省スペースでおしゃれなディスプレイを楽しむことができるのも嬉しいですね!是非お試しくださいね。
文:MI
ブログ「めがねとかもめと北欧暮らし。」を運営しております。
映画「めがね」「かもめ食堂」の世界観に憧れて、北欧インテリアを目指した部屋作りをしています。
男の子二人を子育てしながらの共働き。
少しでも暮らしやすい家を目指した収納の提案も行っています。