くらし

壁に写真を飾ろう! フォトフレームのウォールデコで海外風のインテリア

フフルルニュース

壁に写真を飾ろう! フォトフレームのウォールデコで海外風のインテリア
フォトフレームのウォールデコなら、簡単にお部屋の印象を変えることができます。「写真や絵画を飾りたいけど上手くできない」、「海外風のオシャレなインテリアをお部屋に取り入れたい」という方におすすめです。

「写真やイラスト、絵画を壁に飾ってお部屋の印象をガラッと変えたいけど、不器用で上手くまとめられるか不安」、そう感じている人は多いのではないでしょうか。「どんなフレームを選べばいいの?」、「どんな配置だとオシャレにみえる?」こんなお悩みを解決します!ここでは、お部屋を簡単にイメチェンできるフォトフレームのウォールデコテクニックについてご紹介します。

あっという間に模様替えができちゃう“ウォールデコ”

ウォールデコとは、壁をデコレーションすることで簡単にお部屋の模様替えができてしまうインテリア術のこと。ヨーロッパなどの諸外国では、ごく一般的に取り入れられており、最近では日本でも注目されています。とくに人気が高いフォトフレームのウォールデコでは、家族写真を飾ったり、美術館や旅行先で購入したポストカードをデコレーションしたりすることができます。自分の個性を生かしたウォールデコを楽しんでみましょう。

同じ形のフレームは、フレームラインを意識する

同じ形のフォトフレームであっても、大きさや色、デザインはさまざまです。たとえば、形・サイズ共に同じフォトフレームをウォールデコに使用する場合、横一列に並べたり、上下に並べたりと四方全てのフレームラインを揃えることでまとまりが出ます。くわえて、飾る写真やイラストの色によって配置を入れ替えてみることで、よりまとまりのある仕上がりにすることができます。

 

フォトフレームの形は同じでも大きさが異なる場合は、配置にバラツキが出てしまいがちです。そんなバラツキを解消するためには、フレームラインを一辺だけでも揃えることを意識してみましょう。横や縦、中央など、どれか一辺でもラインが揃っていれば、大きさの異なるフォトフレームが並んでいてもすっきりまとまります。

 

また、フォトフレームは色やデザインでも印象が大きく変わります。モノトーンのフォトフレームは規則正しく配置することで、シンプルかつスタイリッシュな印象を与えます。ウッド調のフォトフレームは温かみのある印象を与え、色が濃くなるほど重厚さを増していきます。こうした点から、シンプルかつモダンなお部屋はモノトーン、アースカラーなどのナチュラル系のお部屋ならウッド調がおすすめです。

不揃いな形のフレームは、色味を統一させる

フォトフレームを壁に飾るとなると、どうしても同じ形や同じ大きさにしてしまいがち。もちろん、それでもオシャレなウォールデコにすることはできますが、どこか単調になってしまう可能性があります。また、せっかくのオシャレな写真やイラストが色褪せて見えてしまうことも……。こういうときは、あえて不揃いな形のフレームを使ってみるのも1つの方法です。

 

不揃いな形のフレームを使用する際は、色味を統一することが大切です。形はバラバラでも、色味を統一することでごちゃごちゃした印象を与えず、すっきりとしたまとまりのある空間を演出することができます。「どうしても色味が合わせられない」という場合は、お好みのカラーにペイントしたり、マスキングテープでアレンジしてみましょう。手軽に手に入るアイテムのみで、簡単にアレンジできますよ。

プリザーブドフラワーで華やかさをプラス

最近では、プリザーブドフラワーでアレンジメントされたフォトフレームも注目されています。

 

「マルチウッドフォトフレーム」

 

プリザーブドフラワーによりフォトフレームに華やかさがプラスされ、お部屋を明るくみせることができます。また、フォトフレームの向きを変えれば、写真のフレーミングを問わず好きな写真を飾ることが可能です。

 

フォトフレームを使ったウォールデコに慣れてきたら、上級テクニックに挑戦してみてはいかがでしょうか? フォトフレームだけじゃなく、デザインプレートやアルファベットのオブジェ、ステッカーなどと組み合わせることで、個性的なお部屋を作ることができます。その際におすすめなのは、プリザーブドフラワーでアレンジメントされた“グリーンフレーム”です。

 

「ナチュレグリーンフレーム」Sサイズ

 

グリーンフレームで緑を取り入れることで、お部屋を癒しの空間にすることができます。グリーンフレームは置き型であることが多く、ウォールデコには向いていないと思われがちです。しかし、グリーンフレームを置いている棚の上部の壁にウォールデコを施せば、両者を簡単に一体化させることができます。

 

なお、これらのように置き型タイプであっても、DIYで壁掛けタイプに変えることができます。穴を開けてネジで壁に固定したり、紐や針金を通して吊り下げることで、女性でも簡単にウォールデコ仕様にアレンジできますよ。

楽しみ方は人それぞれ

いかがでしたか。

 

ウォールデコにフォトフレームを使用する際は、四角形のシンプルなタイプがおすすめです。フレームラインが取りやすいため、初心者でも気軽に楽しむことができます。もちろん、写真やポストカード以外にも壁に飾って楽しめるアイテムは充実しているため、工夫次第でいろいろなパターンのお部屋に模様替えできます。写真やイラスト、絵画などを飾りたい人や、素敵なポストカードの使い道に悩んでいる人は、ぜひフォトフレームのウォールデコを実践してみてください。

 

⇒詳しくはこちら:薫る花

現在フフルルポイントにてポイント5倍キャンペーン実施中!

⇒詳しくはこちら:キャンペーン詳細ページ

文:Yui Uehara
フォトグラファー兼ライター。夢は相棒であるAE-1と共にアフリカの地を踏むこと。お酒とコーヒーをこよなく愛する、ヘビースモーカーのアラサー女子。

この記事に関するキーワード