くらし

肌の悩みが多すぎて困る...「ココオーガニック」なら極上素材が「素肌力」を引き出す

フフルルニュース

肌の悩みが多すぎて困る...「ココオーガニック」なら極上素材が「素肌力」を引き出す
9月25日、成分にとことんこだわりぬかれて作られた化粧品「ココオーガニック」が発売されました。

年齢を重ねていく以上、絶対に避けて通ることができない"肌の老化"ですが、その主な原因は肌細胞の「酸化」にあります。そのため、いつまでも若々しい肌を保つためには、肌の酸化を阻止する必要があります。そのために誕生したのが、「ココオーガニック」。"本当に肌にいいものを"というコンセプトのもと選び抜かれた極上のエキストラヴァージンココナッツオイルが使用されており、肌本来の力を引き出します。

 

現在はクレンジングクリーム、フレッシュソープ、フェイスクリーム、リップバームの4種類が発売されています。前回は開発秘話をご紹介しました。今回はこれらの実力を引き出す使い方をご紹介します!

肌に良いから洗い流さないクレンジングクリーム

クレンジングクリーム
クレンジングクリーム

ココナッツオイルは油性成分を落とすのには優れているのですが、水性の汚れを落とすことができません。一般的には界面活性剤を使用するのですが、ココオーガニックでは天然素材で抗酸化力が高い「ラウリン酸」を配合してつくることに成功しました。

 

肌に良いものしか含まれていないため、洗い流す必要がなく、クレンジングの後は蒸しタオルで拭き取ることをおすすめしています。

■効果を引き出す使い方

1.乾いた手のひらにマスカット1粒大くらいのクレンジングクリームを取り、手のひらをすり合わせてよく温めます。

2.手のひらをフェイスラインに沿わせ、くるくると優しくマッサージするような感じでクリームをなじませていきます。

3.小鼻のまわりをマッサージします。力を入れすぎると毛穴が開いてしまいますので、優しくマッサージするのがポイントです。

4.頬のライン→額の順にマッサージをします。

5.一通りクリームをなじませた後は洗い流すのではなく、蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開かせ、その後でクリームを優しく拭き取ります。"流す"のではなく“拭き取る”ことで、よりしっとりとした仕上がりになるのです。

工場が嫌がるほどにこだわったフレッシュソープ

フレッシュソープ
フレッシュソープ

ココオーガニックのフレッシュソープは、ココナッツオイルを加熱処理することなく低温のままで鹸化した生石鹸です。通常の固形石鹸は80℃以上に加熱しながらつくりますが、その過程で有効成分も除去されてしまいます。ココオーガニックでは、素材の良さを生かすため加熱処理することなく低温のままで鹸化した生石鹸の状態なのです。この製法は非常に手間がかかり、工場も嫌がったほどとのこと。

 

しかしそのこだわりにより、しっかり泡立ち、洗浄力に優れているのに、肌を優しく洗い上げることができます。

ココナッツオイルを生かし、肌を蘇らせるクリーム

フェイスクリーム
フェイスクリーム

クリームは人の体温に合わせて保湿効果を与える状態になるように設計されているので、使用後もベタ付くことがないのに保湿されます。ココナッツオイルは肌を柔らかく潤す子王かが高く、使い続けるうち肌はやわらかくなり、ハリとツヤが蘇ってきます。

■効果を引き出す使い方

1.手のひらにパール1粒代くらいのクリームをのせ、あご下からこめかみに向かってリフトアップするように、5回くらいフェイスラインのマッサージをします。以下の手順は全て5回程度繰り返しマッサージしてください。

2.人差し指と中指を使って、口角のまわりをなぞるようにマッサージします。

3.人差し指、中指、薬指を使って鼻の両端からこめかみに向かって、頬を引き上げるようにマッサージします。

4.人差し指と中指を使って、目のまわりをなぞるようなに優しくマッサージします。

5.人差し指、中指、薬指を使って、最後に額を左右になぞるようにマッサージして仕上げます。

自然の保湿力を宿したリップクリーム

リップバーム
リップバーム

ココナッツオイルの優れた保湿力で唇の乾燥を防ぎ、潤いとハリ、ツヤを与えます。リップバームに含まれているアスタキサンチンは、自然界にある天然の赤い色素で、抗酸化作用があると言われています。

1度は体験したい!ココナッツオイルの効果

ココオーガニックの製品は、マッサージをしながら使うことによってその効果をさらに高めることができます。また、もちろんクレンジングクリームやフェイスクリーム単品で使っても十分な効果が得られるのですが、4種類の製品をあわせて使うことによって、より高い効果が期待できます。

 

⇒詳しくはこちら:COCO ORGANICS

文:鈴木彩華
栃木県出身。不摂生による肌荒れをなんとかするためにオーガニックコスメ開拓を始めました。

この記事に関するキーワード