くらし

帰宅→即シャワーの鉄則!秋特有の肌荒れをふわっ♪と回避する簡単な4つの習慣

フフルルニュース

帰宅→即シャワーの鉄則!秋特有の肌荒れをふわっ♪と回避する簡単な4つの習慣
秋の肌荒れは毎年のことだから、とあきらめるのは早いです!いつもの習慣を少し変えるだけで、無理なく肌荒れ対策をすることができます。今年の秋は、いままでで一番綺麗な素肌になりましょう!

夏から秋にかけて肌の調子が良くないのはなぜ・・・?

夏が終わり、秋になると、いつもきまって肌の調子がよくない。そんな経験をしたことはありませんか?実は、この秋の肌荒れは、夏に浴びた紫外線と、秋から飛び始める花粉が原因なんです。

 

そこで今回は、秋になると起きる肌荒れについてと、今からできる肌荒れ対策をご紹介します!

 

■夏の紫外線の蓄積

秋の肌荒れの原因の1つめは、夏に蓄積してしまった紫外線。皮肉なことに、夏を楽しんだひとほど、肌へのダメージも大きいのです。夏に浴びてしまった紫外線によるダメージは、湿度が下がる秋に、しみやしわとなって表れてきます。

 

■秋の花粉

2つ目の原因は、秋花粉。症状が風邪に似ているので、今まで風邪だと勘違いしてきた人もいるのではないでしょうか。実は春の次に花粉量が多い季節が、秋なのです。

しかも、秋の花粉は夏の紫外線ダメージで肌が弱っているときに飛んでいるので、通常よりも敏感に花粉の症状を引き起こします。

これら2つから引き起こされる肌荒れを無視していると、どんどん悪化していきます。初期の段階で治しましょう!

今日からできる!秋の肌荒れに打ち勝つ4つの習慣

スキンケアと聞くと、時間がかかるから続かないなどと思う方もいるかもしれません。ですが、そんなことはありません!普段の生活を少し変えるだけで肌への負担は劇的に減ります!

 

そこで今回は今日からできる4つの新習慣をご紹介します。

 

1. 帰ったらすぐにシャワー

外から帰ってくると、洋服や皮膚にはたくさんの花粉が付着しています。家に着いたら、まず玄関前で服をはたき、花粉を落とした後、すぐにシャワーを浴びて、花粉を洗い流しましょう。

2. 化粧水と乳液は低刺激のものに!

シャワーを浴びたらすぐにしなければいけないのが保湿。手にいつもより多めに化粧水を取り、肌に優しく押し付けるようになじませましょう。

 

コットンは肌を刺激してしまう可能性もあるので、手で使う方がおすすめです。また、秋は蓄積された紫外線ダメージも相まって非常に肌が敏感になっています。

 

なので、肌が弱くないという人でも、いつもよりも低刺激で、かつ保湿力の高いものに変えるとなお効果が期待できるでしょう。

3. ビタミンⅭの摂取

秋は美味しいものがたくさんあり、食が進みますよね。

 

美味しいものを食べて、肌の調子を整えるには、ビタミンCがぴったり!ビタミンCは、紫外線によるシミを薄くしたり、肌の水分を守ったり、美肌には欠かせない成分です!

 

秋が旬のりんごやサツマイモ、カボチャにはビタミンCが他の食材よりも多く含まれています。ぜひ食卓に一品、ビタミンCの多い食材を添えてみてください。

4. 涼しくなっても日焼け止めを!

秋の涼しい日は、外で過ごすと気持ちいいですよね。ですが、その際にも、日焼け止めは必ず塗りましょう!

 

秋にも真夏の40~70%に相当する紫外線が降り注いでいると言われています。夏よりも外にいることが多い秋でも、油断は禁物です!

 

また、日焼け止め選びの際も、肌への刺激が弱いものを選ぶとよいでしょう。 

もうあきらめない!秋でもすっぴん美人

秋の肌荒れは毎年のことだから、とあきらめるのは早いです!いつもの習慣を少し変えるだけで、無理なく肌荒れ対策をすることができます。今年の秋は、いままでで一番綺麗な素肌になりましょう!

 

秋の肌荒れ対策として、こちらの記事もおすすめですので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

文:浜田七海
旅行と愛犬と枝豆をこよなく愛しています。特技は、絡まったコードをほどくこと、最近のマイブームは、レモンドレッシングです。よろしくお願いします。

この記事に関するキーワード