ギフト

コーヒー好きさんも大満足!コーヒーギフトの選び方大解剖

フフルルニュース

コーヒー好きさんも大満足!コーヒーギフトの選び方大解剖
コーヒーは、ホッと一息つきたいときなどに最適な飲み物。心地よい苦味とふわっと広がる甘味が絶妙で、個人用にはもちろん、ギフトに選ぶ方も増えています。ここでは、コーヒーをギフトとして贈る際のポイントをまとめています。
大人になると軽いギフトを贈る機会は多く訪れます。何を贈ろうか悩んでいる方は、ぜひコーヒーに目を向けてみてください。たくさんの種類があり、かつ自分好みにアレンジして味わえるコーヒーはギフトにぴったり。

そこで今回は、コーヒーをギフトとして贈る際の上手な選び方と、おすすめのコーヒーギフトやカップをご紹介します。

コーヒーの種類は、ギフトを贈る相手に合わせる

コーヒーと一口に言っても、その種類はさまざま。そのため、ギフトとして贈る際は相手の好みに合わせて品を選ぶことが大切です。

コーヒーは、大まかにレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの2種類に分けることができます。前者は豆を焙煎し、グラインド(粉砕)した粉を抽出するタイプで、コーヒー本来の味わいや香りを思う存分楽しむことができます。後者はコーヒーの抽出液を粉状にし、それをお湯に溶かすタイプで、簡単かつ経済的な点が魅力です。このように、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーには違うメリットがあるため、選ぶ際のポイントとして踏まえておきましょう。

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーのどちらかをギフトにするなら、もう1点重視しなければならないポイントがあります。それは相手のコーヒーに対するこだわりです。
例えば、普段レギュラーコーヒーを購入している方にインスタントコーヒーをプレゼントしても、喜んでもらうことは難しいかもしれません。というのも、レギュラーコーヒーを購入している方にとってのこだわりは"挽きたて"という点にあるため。そうであるにもかかわらずインスタントコーヒーを選ぶと、味わいや香りに満足できずガッカリさせてしまう可能性があります。そのため、コーヒーギフトを贈る際は相手のコーヒーに対するこだわりや、いつもの飲み方を前もって確認しておくことが大切です。

ちなみに、粉タイプのレギュラーコーヒーを贈る際は、どれほどの細かさで挽かれているかも重要なポイントになります。挽き方でコーヒーの味わいが大きく変わりますし、そもそも使用するマシンも異なります。そのため、いつも細挽きの粉を使っている方が中粗挽きの粉を贈られても、使い道に困ってしまうかもしれません。

相手がどのようなコーヒーを好んでいるか、豆を挽く際に使用するマシンにはどんなものを使っているのかなどを確認したうえで、適したレギュラーコーヒーを贈ることが大切です。
なお、インスタントコーヒーをギフトとして選ぶのに適しているのは"手軽さ"を重視している方です。忙しい朝や仕事の合間でも簡単に作れるインスタントコーヒーなら、抽出が完了するのを待つ必要がなく、飲みたいときにすぐに味わうことができます。

このように、相手の好みやこだわりをよく考えて種類を選べば、相手に大いに喜んでもらえるギフトを贈ることができます。

種類だけじゃない!質やタイプも重要な項目のひとつ

どの種類を贈るかを決めた後は、コーヒーの質やタイプにもこだわりたいもの。ギフトを通して相手を笑顔にするためにも、それにふさわしい品を選ぶことが大切です。
焙煎後一週間以内がカギ
レギュラーコーヒーを贈るのであれば、やはり豆は新鮮なものがベストといえます。特におすすめなのは焙煎してから一週間以内のもの。一般的に焙煎日はパッケージに記載されているため一目で確認できますが、なかには記載されていないものもあります。その場合は焙煎日をスタッフさんに確認する、または実際に試飲することで確認しましょう。

試飲する際のポイントは、コーヒーを淹れる様子まで確認すること。お湯を注いだときに豆がふわーっと膨らめば、新鮮さが維持できている証しです。反対に、あまり膨らまなかった場合は劣化が進んでいる証拠。豆からガスが抜け、湿気や酸素を取り込むことで新鮮さを維持できなくなっているのです。

レギュラーコーヒーの質を確かめる際は、焙煎日や淹れる様子の確認を怠らないよう注意することが大切といえます。
コーヒー豆ギフト(200グラム×2袋)
コーヒー豆ギフト(200グラム×2袋)
自家焙煎-幸音珈琲の「コーヒー豆ギフト(200グラム×2袋)」は、注文時に「豆のまま」か「粉に挽く」かを選ぶことができるため、鮮度の高さは保証済みです。また、全10種類のコーヒーのなかから好きな2種類を選ぶことができるので、相手の好みをしっかりと反映させたギフトにすることが可能です。

カップは機能性とデザイン性を重視する

コーヒーを飲む際に必須のアイテムといえば、やはりカップです。カップを一緒に贈ることで、より魅力あふれるギフトに仕上がります。

カップと一口で言っても、その種類は豊富にあります。代表的なものでいえば、コーヒーカップやマグカップ、カプチーノカップなどです。これらをギフトとして贈る際は、機能性またはデザイン性のどちらを相手が重視するタイプか考えて選びましょう。

機能性を重視するのであれば、耐熱ガラスを使用したカップがおすすめです。耐熱ガラスとは、急激な温度変化を加えても割れないように作られたガラスのこと。ふつうのガラスに熱湯を注ぐと熱さに耐え切れず割れてしまいますが、耐熱ガラスで同様のことを行っても割れることはありません。もちろん、冷たい飲み物を入れることもできるので、ホットとアイスの両方を楽しめるコーヒーカップといえます。
ダブルウォールグラス
ダブルウォールグラス
ダブルウォールグラスは、耐熱ガラスで作られた2層構造が特徴のグラスです。ホットコーヒーに触れている面と肌が触れる面の間に隙間があるため、手に持っても熱さを感じないのが魅力のひとつ。保温性に優れているほか、冷たい飲み物を入れても結露しづらいため、使い勝手も抜群です。

デザイン性を重視するのであれば、普段はなかなか購入しないようなインパクトのあるものがおすすめです。というのも、シンプルすぎるデザインだとどうしてもギフト感が薄まってしまいます。特別な贈り物だからこそ、自分で購入しないようなデザイン性があふれるカップをプレゼントしてみましょう。
ミーラープ セラミック アニマルマグ
ミーラープ セラミック アニマルマグ
「ミーラープ セラミック アニマルマグ」は、可愛い動物たちの顔や体が取っ手になった3Dマグカップです。ハンドメイド特有の味わい深い筆タッチが繊細で、一つひとつのカップが丁寧に作られていることがわかります。いつもの何気ないコーヒータイムに、チャーミングな表情の動物たちが加われば、より特別な時間になること間違いありません。

機能性とデザイン性は、どちらもカップを選ぶ際に重要になるポイントです。もちろん、これら2つを持ち合わせたカップであればなおよし。相手の好みを反映させるほか、ギフトであるという点も忘れず、よりよい一品を選びましょう。
ぎまゆりか
寝ること、食べること、歌うことが大好きな20代女性。好きな漫画は「スラムダンク」、好きな映画は「スターウォーズ」、好きな芸能人は北山宏光くんです♡

この記事に関するキーワード