ギフト

結婚祝いには、夫婦一緒に使える"極上のペアアイテム"を

フフルルニュース

結婚祝いには、夫婦一緒に使える"極上のペアアイテム"を
結婚祝いの品に迷っているなら、ペアアイテムがおすすめです。選ぶ上で大切なのが、相手が気軽に買えるものを選ばないこと! ちょっと奮発してでも極上の品を贈れば、相手はきっと喜んでくれます。結婚祝いをお探しの方、必見ですよ。

結婚祝いは、贈り手にとっても受け取り手にとっても大切なもの。でも、「結婚祝いには何を贈ったらいいの?」、「どんなものが喜ばれるんだろう......」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

そんなときには、実用的なペアアイテムを贈ってみるといいかもしれません。結婚祝いを贈る相手が気軽に買わないようなものをチョイスすることで、ちょっとした特別感をプラスできます。ここでは、結婚祝いにおすすめのペアアイテム3つをご紹介します。

柔らかい着心地が魅力の"ホームウェア"

家で使える実用的なものといえば、ホームウェアです。家では常に、リラックスできる装いでいたいもの。そのため、楽で着心地がよいホームウェアはプレゼントにぴったりです。色もしくはデザインを揃えるなどし、ペアアイテムとして贈ることで2人に喜んでもらえます。

 

ホームウェアを贈るなら、肌触りや素材にこだわることが大切です。少し奮発してでも素材のよいものをチョイスしましょう。

ペアアイテムのホームウェアでおすすめなのが、「ウールリネンニットボーダーPU」です。ウールとリネン、ナイロンが混紡されて作られており、着心地は柔らかくなめらかです。Tシャツのように重ね着ができるプルオーバータイプなので、おしゃれにアレンジも楽しめます。

 

カラーは、"ネイビー×チャコール"と"ブラウン×グレー"の2展開。どちらも落ち着いたトーンで合わせやすいため、ペアで贈るにはぴったりですよ。

Wool linen knit border PU
Wool linen knit border PU

永く革を楽しめるオリジナルレザーの"キーリング・ケース"

日常的に使えるアイテムといえば、キーリングやキーケースです。外出する際には、家や車の鍵は必ず持ち歩きますよね。だからこそキーリングやキーケースは、実用的なプレゼントといえます。また、キーリングやキーケースは人の目に触れにくいため、ペアが恥ずかしいという方にもおすすめです。

革(レザー) キーホルダー・キーケース
革(レザー) キーホルダー・キーケース

キーリングやキーケースを贈るなら、ユニセックスのものを選ぶとGood!男女ともに使いやすいデザインのため、ペアアイテムに抵抗がある方でも気にせず使用できます。

 

なかでも、おすすめなのがオリジナルレザーを用いて作られた「PORCO ROSSO/キーリング」です。キーリングの各所にオリジナルレザーの温かみがプラスされており、シンプルなのにどこか可愛らしい魅力が満載です。

 

カラー展開は、上品な"キャメル"、落ち着いた印象の"チョコ"、可愛らしい"レッド"、シックでクールな“ブラック”の4色です。同じ色で贈ってもよし、色違いで贈ってもよしの優れたペアアイテムですよ。革は使い込むほどに味わい深くなり、ゆっくりとその魅力を増していくもの。そんな革を使った「PORCO ROSSO/キーリング」は、これから夫婦として長い時間を共に過ごす2人に相応しい贈り物かもしれません。

共同作業をプレゼントできる"オーブン陶土"

結婚祝いの品で、食器やグラスを贈る方は多いのではないでしょうか?もちろんそれも素敵ですが、自作できる"オーブン陶土"を贈ってみるのもパンチがあって面白いかもしれませんよ。

 

オーブン陶土とは、"低温度硬化型粘土"と呼ばれるもので、通常の陶芸よりも低温の160~190℃で焼き上げることができます。自宅のオーブンで焼成することができ、専用の防水・耐油コート剤を塗れば実際に使うことができるため、実用的なプレゼントともいえます。

オ-ブン陶土セット「Premium」 
オ-ブン陶土セット「Premium」 

オーブン陶土を贈るなら、オーブン陶土セット「Premium」がおすすめ!オーブン陶土はもちろん、ろくろ用の陶土と専用のコート剤、細工用のかんなや色付用の筆などがすべてセットになっています。初心者の方でも安心して作成できるテキストも付いているため、楽しめること間違いなしですよ。

 

食器やグラスにこだわりを持っている方は多いため、相手の趣味とは異なるものをプレゼントしてしまう可能性があります。その点、自作できるオーブン陶土は柔軟性抜群!「結婚祝いには、ひと味違ったものを贈りたい」という方は、2人が一緒に楽しめるオーブン陶土を視野に入れてみては?

喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぼう

結婚祝いを選ぶうえで大切なことは、相手のことを考えて選ぶということです。「私だったらこれが欲しい」、と自分を基準にしてはNO!「相手にとって実用的であるか」、「相手の趣味を無視していないか」などをよく考えましょう。

 

2人の喜ぶ顔を思い浮かべながら、夫婦が一緒に使える極上のペアアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

文:Yui Uehara
フォトグラファー兼ライター。夢は相棒であるAE-1と共にアフリカの地を踏むこと。お酒とコーヒーをこよなく愛する、ヘビースモーカーのアラサー女子。

この記事に関するキーワード