ギフト

ホワイトデーは老舗和菓子店からはじまった!?3月14日はマシュマロを贈ろう

フフルルニュース

ホワイトデーは老舗和菓子店からはじまった!?3月14日はマシュマロを贈ろう
いくつになっても心が踊るバレンタインデー。その1ヶ月後にやってくるのが「ホワイトデー」です。チョコレートのお礼に感謝の気持ちを込めて贈るこのイベント。実は日本が発祥であることをご存知ですか?老舗和菓子のハートウォーミングな心意気と、ふわふわのマシュマロに秘められたホワイトデーの魔法をご紹介します。

男性からお返しがないのは不公平!?ホワイトデー誕生秘話

バレンタインデーの歴史がローマ帝国までさかのぼるのに対し、ホワイトデーのはじまりは1978年と最近のこと。それまではチョコレートをバレンタインデーに貰ってもお返しをするという概念すらなかったそう! 

 

そんな状況を嘆き、男性から女性にお返しをするきっかけを作ったのが、博多銘菓「鶴乃子」でおなじみの「石村萬盛堂」です。老舗の和菓子店がなぜ西洋文化を?と思うかもしれませんが、鶴乃子はマシュマロ生地で黄味餡をくるんだお菓子。マシュマロのふわふわとした食感は感謝の気持ちを表すのにぴったりだったとうわけです。

黄味餡の代わりにチョコレートを包んだマショマロの登場は当時ではまだ珍しく、「マシュマロデー」というキャンペーンを始めました。

感謝の気持ちをマシュマロに包んで…

バレンタインデーからちょうど1ヶ月後の3月14日に決まったマシュマロデー。昭和53年3月に満を持して男性から女性への感謝の気持ちを贈る日がスタートしました。恥ずかしがり屋の日本人男性は、マシュマロデーをきっかけに堂々と女性に感謝の気持ちを伝えることができるようになったというわけです。

 

やがて、マシュマロの「白」を連想させる「ホワイトデー」に名前は変わり、お菓子業界にとどまらず、アクセリーやアパレルなどさまざまな各業界が参入。以来、ホワイトデーの文化はすっかり日本に定着しました。

ホワイトデーにはマシュマロを贈ろう!

女性の気持ちに応えるきっかけを作ってくれたマシュマロデー。最近では多様化するホワイトデーのギフトですが、今年はオリジナルとなるマシュマロを贈ってみてはいかが?ふわふわとやさしい食感のマシュマロは、男性のやさしさを表現するにぴったりのスイーツです。本命にはもちろん、日ごろ感謝になっている方への贈り物にもおすすめですよ。

 

明治38年の創業以来、石村萬盛堂がこだわり続けているテーマが「独創=オリジナリティ」。それぞれの時代にそれぞれのエピソードがあるように、石村萬盛堂のお菓子もまた、お菓子一つひとつに思いが込められています。

 

たとえば、マシュマロデーのきっかけになったチョコレートをマシュマロで包んだ「マシュチョコ」。発売当初のおいしさはそのままに、洗練されたパッケージデザインがホワイトデーを華やかに彩ります。チョコレートクリームをいちごのフリーズドライを練り込んだマシュマロで包んだ「ストロベリーチョコマシュマロ」は女性に大人気。とびっきりキュートなスイーツは、ちょっとしたお礼やお茶うけにおすすめです。

ハッピーな習慣ホワイトデーをもっと楽しもう!

チョコマシュマロ
チョコマシュマロ

性の気持ちに応える、なんとろもロマンチックなホワイトデー。日本で誕生したこともさることながら、考案したのが明治時代から続く和菓子の老舗というのもステキなサプライズ。

 

親しい間柄なら、女性からおねだりすることも許されるホワイトデー。ハッピーな習慣、ホワイトデーを、今年はマシュマロをお供に過ごしてみてはいかが?

 

⇒詳しくはこちら:石村萬盛堂

文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】 http://diningasfortunate.blog.fc2.com/

この記事に関するキーワード