ギフト

ワンランク上のお中元ギフト。長寿園の涼やかな和菓子から目が離せない

フフルルニュース

ワンランク上のお中元ギフト。長寿園の涼やかな和菓子から目が離せない
今年のお中元、何にするかお決まりでしょうか? 目上の方やお世話になった方への贈り物は、どうしても悩んでしまいますよね。そこで、「目にも涼しげな和菓子」はいかがですか? 季節感のある上品な和菓子なら、ワンランク上の贈り物にぴったりです。

お中元の季節が近づいてきました。日用品、飲み物、グルメ食品など、さまざまなギフト商品があり、どれにしようか、迷ってしまうこともありますよね。特に、目上の方などの大切な方には失礼のないよう、また、心を込めて特別な品を選びたいもの。

 

そこで、おすすめしたいのが、上品で「特別感」にあふれた、長寿園の和菓子です。

 

キラキラ! カラフルな星のかけらのような「氷彩花」

氷彩花
氷彩花

寒天を主な原料とした「氷彩花」は、国産の糸寒天を丁寧に戻し、砂糖と炊き合わせた日本古来の干菓子です。暑さで溶けてしまうゼリーと違い、寒天は一度固まると溶けないので、暑い夏の贈り物に重宝されています。外はカリっとした食感ながらも、中はしっとり。涼しげな見た目で口当たりも良く、暑い夏にぴったりです。

 

また、宝石箱を開けたような美しさも「氷彩花」の特長です。昔ながらの作り方をしているので、大量生産ができない大変貴重な逸品。贈り物にふさわしい「特別感」にあふれています。

 

黒と琥珀の羊羹(ようかん)のコントラストが美しい「べっ甲羹」

べっ甲羹
べっ甲羹

黒糖をしっかり練りこんだ小豆本練り羊羹(ようかん)に包丁で細工を施し、琥珀羹を流し込んで作った、美しく、涼しげな模様が目を引くべっ甲羹です。

 

琥珀羹のコリコリとした歯ごたえと、黒羊羹のしっとり感が見事なコントラストを醸し出しています。南洋でゆったりと泳ぐ亀の甲羅をイメージしたべっ甲羹は、夏にぴったりです。

 

上品で美しく、とてもおいしい。お茶会の席などでも出されている逸品は、舌や目の肥えた方への贈り物としておすすめです。また、おもてなしの席でお客様に出しても恥ずかしくない和菓子です。

 

お茶と一緒に楽しみたい

汗をかく時期には、水分補給が必須。冷たいお茶にも、温かいお茶にも合う「氷彩花」と「べっ甲羹」。美容や体形維持にも適している小豆と、水分吸収力が強く、食物繊維が豊富な寒天との組み合わせは、健康維持が期待でき、夏バテ防止にも最適です。

 

何を贈るか、迷ってしまうお中元。涼しげな見た目で、とびっきりおいしい和菓子は、夏の贈り物にも、おもてなしにもぴったりです。大切なあの方へ、おいしいだけではなく、見た目も美しく、健康維持にも役立つ和菓子を選んでみてはいかが?

 

⇒詳しくはこちら:長寿園

文:藤原ゆうこ
雑誌編集を経て、現在は芸能記などのライターとして活動中。飲食店勤務経験を活かしてグルメ記事なども担当。「おいしいもの以外食べない」「知らないことは調べる」「面白いが正義」「良いものは良い」が信念。世界中の良いものを、色々な方にお知らせしていきたいです。

この記事に関するキーワード