グルメ・スイーツ

美味しく食べながらダイエット!? 「糖質制限食のスイーツ」で楽しいティータイムを

フフルルニュース

美味しく食べながらダイエット!? 「糖質制限食のスイーツ」で楽しいティータイムを
ふふふ&るんるんな情報を全世界から探し出し、お届けするフフルルニュース。今回ご紹介するのは、美味しく食べながらダイエットができてしまう、「ノンシュガー・ジェイピー」の「糖質制限スイーツ」。ダイエットをしたい方だけでなく、健康志向が高い、あるいは甘いものがやめられない方へのティータイムにもおすすめです。

夏に近づくにつれて薄着の季節になり、ためてしまった体の脂肪を何とかしたいという方は多いのではないでしょうか。ダイエットを始めるときに、ほとんどの人が意識をするのは食事についてだと思います。普段の食事で脂質、糖質の摂取を減らそうとしたり、カロリー計算を始めたり......。しかし、スイーツはやめられないという方にとって、美味しく食べながらダイエットできれば理想的です。そこで、糖質の摂取を控えている方に支持されている、「糖質制限スイーツ」についてご紹介します。

糖質制限が注目される理由

これまでは、ダイエット方法と言えば総摂取エネルギー量を減らす「カロリー制限」が主流でしたが、今では「糖質」の摂取量を制限するものも注目されています。糖質は、確かに体づくりに大切なエネルギー源のひとつではあるものの、過剰摂取で余った糖質、つまり、ブドウ糖がさまざまなトラブルを引き起こすことがわかってきたのです。ブドウ糖が中性脂肪に変わって、体脂肪として蓄積されれば肥満の原因に。また、ブドウ糖がタンパク質と結びつけば、糖化と呼ばれる肌や骨の老化を加速する原因になります。さらに、糖化により全身の血流が悪くなって動脈硬化や糖尿病を進行させたり、免疫力の低下や認知症、骨粗しょう症の誘因になることもわかってきました。

糖質制限スイーツとは?

でも、ノンシュガー・ジェイピーの糖質制限スイーツなら、美味しく食べながらダイエットができるので一石二鳥。それでは、どのようにして糖質オフを実現したのでしょうか? その秘密をご紹介します。

1.小麦粉の代わりに大豆粉を使用すること!

膨張剤や小麦粉、コーンスターチなど、多くの洋菓子で使用されている糖質を大幅にカットし、大豆粉やおからを使用しています。

2.砂糖の代わりにカロリーゼロの甘味料

甘味料には、主に「エリスリトール」と「スクラロース」を使用しています。エリスリトールは摂取量のほとんどが体内で利用されず、血糖値への影響もほとんどない甘味料で、スクラロースは砂糖に近い甘味質を有しています。

 

3.卵やバターをふんだんに使用

卵や生クリーム、バターやクリームチーズなど、糖質をあまり含まない食材をふんだんに使うことで、糖質を抑えながらもしっかりとしたコクを実現出来ます。

糖質制限スイーツのロールケーキは特におすすめ

糖質制限スイーツのロールケーキには、砂糖と小麦粉を使用していません。特に、イチゴ大豆粉ロールケーキはおすすめのスイーツです。生クリームにイチゴピューレを加えた爽やかなイチゴクリームのまわりには、糖質の高い小麦粉の代わりに、大豆粉で作られたスポンジを使用しています。また、便利な個包装で食べやすく、カットする手間も省けるので、忙しいときの間食にぴったりです。必要な分だけ冷凍庫から取り出して解凍すれば、食べ過ぎる心配もなさそうですね。

いちごの大豆粉ロール(個包装タイプ)
いちごの大豆粉ロール(個包装タイプ)

ほかにもノンシュガー・ジェイピーのロールケーキには、カカオマスにたっぷりの生クリームを混ぜ込んだ「大豆粉のショコラロール」、生クリームにクラッシュしたコーヒーゼリーの苦味が加わった「コーヒーゼリーの大豆粉ロール」、さらに、自然派甘味料の羅漢果(ラカンカ)を使用した「大豆粉らかんかロール」などがあり、お好きな味をお選びいただけます。

スイーツを楽しみながら健康的にダイエット

糖質制限スイーツなら、楽しみながら健康的にダイエットが実現できそうです。暖かくなると薄着になる機会も多くなってきます。できればその前に、体の気になる部分をスリムにしたいですよね。糖質制限スイーツを上手に利用して、薄着の季節には思い切りファッションを楽しみましょう。

 

⇒詳しくはこちら:ノンシュガー・ジェイピー

文・山下希代
アメリカ・ワシントン州在住。食品メーカーPRなどを経て国際結婚後、東京、韓国、そしてアメリカに渡る。日本語教師資格をもち、英語とスペイン語に堪能。現在は育児のかたわら食品・美容を中心としたテーマを執筆中。スイーツとワインをこよなく愛す関西人。

この記事に関するキーワード