おでかけ

雨の日もハッピーに過ごせる「FREE FISH」のシューズ

フフルルニュース

雨の日もハッピーに過ごせる「FREE FISH」のシューズ
ふふふ&るんるんな情報を全世界から探し出し、お届けするフフルルニュース。今回ご紹介するのは、PVC(ポリ塩化ビニール)製のフットウェアブランド「FREE FISH」。美しい流線型の体を揺らしながら泳ぎ回る熱帯魚たちのように、ポップな色彩をまとい、雨の日もハッピーに過ごしてほしい。そんな願いから誕生したブランドです。

2009年に生まれた、PVC製フットウェアブランド「FREE FISH」。PVCとは塩化ビニル樹脂のことで、一般的には「塩ビ」と呼ばれています。足元の輝きを四季折々変化させてくれる「FREE FISH」は、展開されるカラー、デザインともにバリエーション豊かなうえに、PVC製なので水にも強いところが特徴です。普段使いはもちろん、雨の日にも活躍してくれるのはうれしいですね。

パリの日常をイメージした「Marche(マルシェ)」シリーズ

そんなFREE FISHの2015年春夏のテーマは、フランス語で「市場」を意味する「Marche(マルシェ)」。焼きたてのパンにフレッシュな野菜、カラフルなフルーツはもちろん、たくさんの人たちの笑顔も溢れる、パリの日常に欠かせない朝のマーケット。パプリカやブロッコリー、チコリなどが並ぶマルシェからインスパイアされた、ポップなカラーをキーワードにコレクションは展開されます。一足3000円程度からというお求めやすい価格も、「FREE FISH」の嬉しい特徴。日常で気軽に履ける、実用的なブランドです。

2015年春夏のシューズトレンド3大要素

PVC素材

PVC素材は、2015年春夏のトレンドの1つ。ラグジュアリーなブランドも、自身のコレクションでPVC素材のシューズやバッグを発表しています。普段使いのアイテムやカジュアルダウンさせるワンポイントなど、さまざまなシーンで使えそうです。

 

ポップでカラフル

今シーズンは色のバリエーションがとにかく豊富。単色だけではなく、複数の色の組み合わせや、ポップな色使いのものも勢揃い。しばらくの間、ベーシックな色がトレンドの中心でしたが、そろそろカラフルなアイテムをまといたい気分ですね。

 

快適さ

昨シーズンに引き続き、ぺたんこ靴、スニーカー、スポーツタイプはまだまだトレンド。それに加えて、洗練された「らくちん」もキーワード。なかでも、デザインにこだわった大人の「らくちん」サンダルは注目です。

日常生活にワンポイントのアクセント

「FREE FISH」は、20~40代のママたちのファンも多いブランドです。普段の生活で履けて、持ち運びも便利という優れた機能性が、忙しいママたちに受け入れられている要因です。また機能的という理由だけでなく、おしゃれのアクセントとしてもポイントが高いです。ぜひ、日々のファッションに加えてみてはいかがでしょう?

 

※掲載されている画像はイメージです。一部展開されない商品もございます。

⇒詳しくはこちら:SHOE BAR ONLINE STORE

文・Gibson三浦真紀子
1997年よりフリーのスタイリストとしてキャリアをスタート。雑誌、広告、コマーシャル、映画などで女優、モデルのスタイリングを手掛ける。2014年からはライターとしても活動中。

この記事に関するキーワード