くらし

チークひとつが女を変える。30歳から使えるメイクテクで老け顔知らず

フフルルニュース

チークひとつが女を変える。30歳から使えるメイクテクで老け顔知らず
女性のメイクに欠かせないチーク。このアイテムの使い方ひとつで、顔は若々しい印象にも、老けた印象にもなります。老け顔になっている……という事態を避けたい方のため、ここでは30代から覚えたいチークの使いこなし方をご紹介します!

そろそろ肌のことが気になり始める30代。いつまでも若くいたいという想いから、メイクの仕方を工夫している方も多いのではないでしょうか。ただ、その方法が間違っていると、イメージとは全く違う仕上がりになってしまいます。この記事では、30代から使えるチークのメイクテクをご紹介します。

若々しい印象に変わる!30代の正しいチークの入れ方

女性のメイクアップに欠かせないチーク。つけ方をちょっと工夫するだけで若々しい印象に見せることができます。

頬の高い位置に乗せる

チークを乗せる位置は、"笑ったとき一番高くなる部分に乗せる"という目安があります。しかし、30代、40代と年を重ねていくと頬の位置は徐々に下がっていくので、この方法だと自然と、若い頃よりもどんどん低い位置に色を乗せることになってしまいます。

 

チークは低めの位置に乗せると落ち着いた雰囲気に、高めの位置に乗せるとリフトアップ効果により若々しく見えるといわれているため、老けて見られないよう頬の高い位置に乗せることをおすすめします。

数字の"6"を書くように乗せる

頬に色を乗せるとき、丸く書いて終わっている方もいるかもしれません。しかし、30代の大人女子がそれをすると少々子どもっぽい印象に。

 

若々しさを保ちつつ子どもっぽさをなくすには、数字の6を描くように頬の高い位置でくるっと一度回し、頬骨の下を通しながら抜けるように乗せるようにしましょう。そうすることで、程よく柔らかい印象にすることができますよ。

色は"ピンク"を選ぶ

30代の大人女子に選ばれやすいのが、ブラウン系やベージュ系の色。確かにブラウン系やベージュ系は肌なじみのよい色ですが、反対に肌をくすませてしまうこともあります。そこでおすすめなのがピンクです。

 

ピンクは血色をよくしてくれる色なので、適度に若々しい印象を与えることができます。肌が白い方は青みピンクや赤みの強いローズ系ピンク、そうでない方はオレンジ系ピンクやコーラルピンクというように、自身の肌にマッチしたピンクを選びましょう。

このように、色を乗せる位置・入れ方・色を変えれば、顔の印象はガラリと変わります。

つけすぎ防止にも効果的!ブラシを使用するメリット

購入するチークによっては、ブラシではなくパフがセットになっているものもあります。その場合、「わざわざブラシを買う必要はない」と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、ブラシを使用することで、メイクをより美しく仕上げることができるのです。

 

そこで、チークブラシを使用するメリットをご紹介します。

つけすぎてしまうことがない

ブラシを使うことで、ふんわりと自然にチークの色を頬に乗せることができます。

 

パフを使うと、どうしてもチークの粉をつけすぎてしまい、ナチュラルに仕上げるのが難しくなります。あまりにチークが濃いとケバい印象になったり、逆に子どもっぽく見られたりすることも。大人っぽく、かつ上品に見せるためには、いかにナチュラル感のあるメイクに仕上げられるかがポイントなのです。

 

メイク時間を短縮できる

するっと色の入りやすいブラシなら、メイク時間をぐっと短縮することにもつながります。

 

パフの場合、チークの色をパフになじませ、さらに頬になじむまでポンポンと軽く叩く必要があります。力加減によっては色が濃くなったり薄くなったりするため、「左右で濃さが揃わない」とメイクに時間をかけてしまう方も多いのではないでしょうか。一方、ブラシなら毛の1本1本にチークの粉が入り込むため、軽く頬をなでるだけできれいに色をつけることができます。

 

ちなみに、「できる限り、薄く入れたい」という方は、チークの粉をつけたブラシを一度手の甲になじませてから頬に色を乗せるという方法がおすすめです。これにより、ブラシについた粉が適度に落とされるので、より薄めに色を乗せることができますよ。

このように、ブラシを使用するメリットにはさまざまなものがあります。メイク時間を短縮し、かつ大人っぽく仕上げたいという方は、ぜひ一度チークブラシを使ってみてくださいね。

肌悩みにアプローチするチークブラシ

チークをきれいに乗せるためには、使いやすいものを選ぶことも重要です。自身のこだわりに合わせて、お気に入りの一本を探してみましょう。

肌触りを重視するなら、「KOBAKO チークブラシD」がおすすめです。

 

これは筆型で"短光峰"という毛先が細い山羊毛を使用している点が特徴です。毛先の感触がなめらかのため肌触りがよく、抜群の使い心地を誇る一品です。

 

30代の大人女子が気になりがちな乾燥による小じわをカバーすることもできますよ。肌に軽くトントンと色を入れた後、滑らせるように離せば、ふんわりとした印象に仕上がります。

チークブラシ 「KOBAKO チークブラシD」
チークブラシ 「KOBAKO チークブラシD」

ポイントを踏まえて老け顔脱却

チークを乗せる際に工夫したり、チークブラシを使い分けたりするだけで"老け顔"から脱却することができます。今すぐ始められるテクもありますので、30代の大人女子はもちろん、老け顔が気になるという方もぜひ一度試してみてください。

⇒詳しくはこちら:貝印オンラインショップ

文:さくらんぼ
自己紹介:休みが合えば友達と観光に行きたいなと思う今日このごろ。牛乳が苦手な20代女性ライターです。

この記事に関するキーワード