趣味・こだわり

上品な見た目が心くすぐる 味わい深い文房具・万年筆の魅力

フフルルニュース

上品な見た目が心くすぐる 味わい深い文房具・万年筆の魅力
文字を書くことが苦手な方には、文字をきれいに見せるといわれる「万年筆」がおすすめ。もちろん、文字を書くことが好きな方にもおすすめです。人々を虜にする万年筆には、一体どのような魅力があるのでしょうか。
ちょっとしたお礼状や荷物の受取サイン、子どもの学校への提出物など、文字を書く機会は人それぞれ。お気に入りの文房具や、消えるボールペンなど一風変わった文房具を使えば、文字を書くのがもっと楽しくなります。

魅力的な文房具が登場する中、昔ながらの味わい深い書き心地を大事にした「万年筆」の人気が高まっています。一本持っているだけで、なんとなくオシャレに見える万年筆。各メーカーがデザインや機能の異なる万年筆を開発しているので、きっと自分好みの一本が見つかります。

今回は、万年筆の魅力や万年筆を扱っている有名メーカーの特徴・歴史、美文字のコツ、おすすめ商品をご紹介します。

自分だけの一本になる、万年筆の魅力

万年筆
万年筆は、文字を書くことが好きな方はもちろん、あまり好きではない方にもおすすめの文房具です。万年筆を使えば、文字がきれいに見えるといわれています。そんな万年筆には、他にもたくさんの魅力があります。

書き癖になじむ

 万年筆の魅力に、自分の書き癖を覚えるというものがあります。万年筆のペン先は、ダイヤ型を少し崩したような独特な形をしています。文字を書いていくうちに、紙との摩擦でペン先の形が少しずつ変化し、自分の書き癖に合った使い心地を実現するのです。
 シャーペンで文字を書いているとき、途中でシャーペンの角度を変えて持つことで、文字が書きづらくなったという経験はありませんか。あれは、柔らかいシャーペンの芯が自分の書き癖を一時的に記憶するため。持ち方を変えることで紙にあたる芯の位置が変わり、書き癖がリセットされるため、書きづらさを感じてしまうのです。
 万年筆なら、使えば使うほど自分に合った一本になります。この感覚は、他のペンでは味わえないもの。自分の書き癖を覚えた万年筆を使うことで、より美しい文字をすらすらと書くことができます。

とにかくオシャレ

 使い心地だけでなく、見た目のオシャレさも魅力のひとつ。他のペンに比べて高級感があり、キャップを取るとアンティークで存在感のあるペン先が顔を出します。デザインは商品により異なり、なかにはプラチナや宝石を贅沢に使用したものもあります。
 周りがボールペンを使う中、一人だけオシャレな万年筆を使うなんて、とても素敵ではないでしょうか。

低コストでいろいろな表情を楽しめる

 「万年筆は高い」というイメージを持っている方は少なくないはず。万年筆の価格はメーカーにより差があり、安いものだと1,000円前後で購入できるものもあります。また、ランニングコストが安いという点も、万年筆をおすすめする理由のひとつ。万年筆はペン先にインクをつけて使用するため、インクを買い足すだけで、いつまでも使い続けることができます。インクと一口にいってもカラーバリエーションがとても豊富なので、使い分けることでいろいろな表情を楽しむことができます。

他にも、万年筆にはたくさんの魅力があります。少しでも気になった方は、ぜひ各メーカーの万年筆をチェックしてみましょう。

要チェックの人気メーカー「カヴェコ」「ペリカン」

万年筆
万年筆を扱うメーカーの中から、有名メーカーをふたつご紹介します。

カヴェコ

 1883年創業のドイツのメーカー「カヴェコ」。1976年には経営難を理由に商品の製造を一時中止しましたが、ドイツのメーカー「Gutberlet GmbH社」により復活。復活後には、万年筆とボールペンがセットになった「カヴェコ・スポーツ」やアールデコ調の装飾が特徴の「ディア」などを発売し、多くのファンを獲得しました。カヴェコの主力モデルとなる「カヴェコ・スポーツ」は、1972年のオリンピックの公式ペンにも選ばれたという実績を持ちます。
 レトロで深みのあるデザインは、現在も多くのファンを魅了しています。

ペリカン

 1838年創立のドイツのメーカー「ペリカン」。油絵具や水彩絵の具、カラーインクの製造から始まり、これまでに数々の筆記用具を世に生み出してきました。ペリカンの万年筆モデルの中でコレクター人気が最も高いといわれているのが、1932年発売の「T111 Toledo」です。上品なダークトーンにゴールドの模様を描いたデザインで、ペリカン史上最も美しい万年筆と評価されています。
 ペリカン万年筆の魅力は、なんといってもペン先。14金や18金を使ったペン先は、豊富な経験を持つ職人の手で丁寧に作られています。ペン先には必ず装飾が施され、限定品にはテーマに沿った特別な装飾が施されます。

メーカーごとに特徴が異なるのも、万年筆の魅力です。

フライハイトのおすすめの万年筆をご紹介!

さまざまな輸入文具を販売する「フライハイト」で扱う、おすすめの商品を4つご紹介します。
KAWECO カヴェコ クラシック スポーツ 万年筆
KAWECO カヴェコ クラシック スポーツ 万年筆
シンプルなワンポイントロゴの本体と、頭の部分に施されたゴールドの装飾がオシャレな万年筆です。本体は発色のきれいな樹脂で作られており、とても軽くてコンパクト。デザイン性や機能性の高さに加え、携帯性も抜群のため、ワーキングマザーにもおすすめです。ペン先はM(中字)となっています。
Pelikan ペリカン 万年筆 クラシック M200 マーブルグリーン
Pelikan ペリカン 万年筆 クラシック M200 マーブルグリーン
マーブルグリーンのデザインが、シンプルながらも上品な印象を与える万年筆です。ペン先と装飾パーツには、24金ゴールドプレートを採用。高級感のある箱に入っているので、ギフトにもおすすめです。ペン先はF(細字)~EF(極細字)程度となっています。
centropen セントロペン 万年筆 STUDENT カラー/JUPITER(ジュピター)No. 2156
centropen セントロペン 万年筆 STUDENT カラー/JUPITER(ジュピター)No. 2156
チェコの「CENTROPEN(セントロペン)社」から出ている、ビビッドカラーがキュートな万年筆です。くぼみのあるグリップにより、握りやすさはばっちり。大人はもちろん、子どもにもおすすめです。ペン先はF(細字)~M(中字)の中間程度となっています。
RHEITA レイタ 万年筆
RHEITA レイタ 万年筆
ドイツの事務用品メーカー「RHEITA(レイタ)」の、どこかレトロっぽさを感じられるシンプルな万年筆です。本体は半透明のプラスチック製で、インクの残量を簡単に確認することができます。ゴールドのペン先やキャップの金属クリップがアクセントに。ペン先はF(細字)~M(中字)程度となっています。

フライハイトでは、筆記用具や文具小物、ペーパーアイテム、装飾文具などを販売しています。自分用にはもちろん、ギフトにもおすすめの商品が勢ぞろいしているので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

みんなに自慢できる!美文字のコツ

美文字のコツ
自分の書いた文字を他人に見せたとき、「なんて書いているの?」などと言われた経験はありませんか。自分ではきちんと書いているつもりでも、他人には「読みづらい文字」と思われている可能性もあるのです。

文字は意外と多くの人に見られているもの。自分の印象をよくするためにも、誰が見ても読み取れるような美文字を書くよう心掛けましょう。

横画を右上がりに書く

 横画は、右上がりに約5度の角度をつけて書くことをおすすめします。人間の目は、文字を無意識に右下がりに捉えてしまうもの。バランスよく美しい文字にするには、少し右上がりに書き、水平に書いているように見せることが大切です。

とめ、はね、はらいをきちんと書く

 文字の基本となる、「とめ」「はね」「はらい」ですが、この基本をしっかりと押さえることで、きれいな文字に仕上がります。「とめ」は確実にとめること。「はね」「はらい」は終点に向けて線が細くなるように、力加減を調整しながら書くことがポイントです。

中心線を常に意識する

 2文字以上書くとき、文字と文字のバランスはとても重要です。縦書きの場合は紙に縦線の中心線があるように、横書きの場合は紙に横線の中心線があるように意識することをおすすめします。この線に合わせて文字を書くことで、バランスよく仕上がります。

万年筆を使いこなすには慣れも大切ですが、コツを意識して書くことも大切です。上記を意識し、少しずつ美文字に近づけていきましょう。

他人にもおすすめできるような一本を

さまざまな機能を持つ文房具が誕生していく中で、昔ながらの書き心地を大事にしている万年筆。一度使うとその魅力に夢中になる方も多く、中には「万年筆を使いたいから文字を書く」という方もいます。お気に入りの文房具があれば、文字を書くことがきっと好きになります。

自分好みの文房具をお探しの方には、ぜひとも万年筆をおすすめします。まずは安価なものから手に取り、慣れてきたら高価なものに挑戦してみるとよいかもしれません。他人にもおすすめできるような、お気に入りの一本を探してみましょう。

⇒詳しくはこちら:フライハイト
Mariko Kano
漫画・アニメ、音楽鑑賞が好きな20代女子。

この記事に関するキーワード