グルメ・スイーツ

日頃の自分へのご褒美に♪ひとりだけで味わいたい、豪華・絶品ご飯のおとも

フフルルニュース

日頃の自分へのご褒美に♪ひとりだけで味わいたい、豪華・絶品ご飯のおとも
日本人の食事に欠かせない「白いご飯」。白いご飯はそのまま食べても美味しいですが、ご飯のおともと一緒に食べることで美味しさが倍増します!ここでは、思わず独り占めしたくなっちゃうような豪華・絶品のご飯のおともを紹介します。

白いご飯は、私たち日本人が生きていく上で欠かすことができないものといっても過言ではありません。炊きたてのほくほくした白いご飯は、想像するだけでよだれが溢れてきそうですよね。もちろん、白米はそのまま食べても美味しいのですが、やっぱり「ご飯のおとも」は欠かせません。みんなそれぞれお気に入りのご飯のおともがあることでしょう。

 

ここでは、そんなご飯のおともをご紹介します。しかも、ここで紹介するのは全国各地厳選の豪華・絶品のご飯のおともばかり!独り占めしたくなるような贅沢なご飯のおとも、ご褒美に買ってみてはいかがでしょうか。

絶品おとも4選をご紹介!

梅干し

ご飯のおともの定番といえば、やっぱり「梅干し」。
 
梅干しは、私たち日本人にとって身近な食べ物のひとつですが、ここで紹介するのは「贅沢」「絶品」なご飯のおともなので、普通の梅干しとは少し違います。ここで紹介する【紀泉梅 おためし三食セット】は、梅の産地として全国有数の紀州南部で大切に育てられた梅を使用したものです。また、紀州南部の中でも晩稲で作られたものは最高級として親しまれています。そんな晩稲の梅を使用し、「味梅」「はちみつ梅」「しそ梅」の3つの味の梅干しが作られました。
 
梅干しの酸っぱさは、白いご飯の甘みを引き出してくれます。ほくほくご飯はもちろん、おにぎりの具にも間違いない逸品です。

生うに

家庭で食べることなんてそうそうない豪華食材「うに」。
 
そんなうには家庭でも食べれるのです。しかも、ここで紹介をする【生うに】は、良質で厳選されたムラサキウニを使用して、手作業で作られたもの。何も付けずそのまま食べるのはもちろん、わさび醤油で食べるとうにの美味しさがより引き立ちます。ぷりっぷりでクリーミー、口の中でとろける食感は、まさに絶品!
 
そんなうにをたっぷりご飯に乗せて食べるなんて、至福の時間。独り占めしたくなっちゃいますよね。

いくら醤油漬け

赤く輝く海の宝石「いくら」。
 
ここで紹介する【北海道産 いくら醤油漬】は、新鮮な赤い宝石を醤油漬けしたもの。海の幸で有名な北海道で、水揚げされたばかりの新鮮な鮭から卵を取り出し、すぐに醤油漬けしたものなので生臭さがありません。そのまま食べて一粒一粒プチプチとした食感を楽しむのはもちろん、白いご飯に乗せてご飯に染みこむ濃厚な旨味を楽しんでも良し。
 
贅沢におにぎりの具材にしてもいいですし、お茶漬けとの相性も抜群。家庭でも気軽に料亭の味が堪能できちゃうのです。

牛とろフレーク

贅沢な逸品といえば、やはり「お肉」。
 
ここで紹介する【松坂牛大とろフレーク】は、松坂牛を小さくにした牛とろフレークです。牛とろフレークに使用されている松阪牛は、日本三大牛のひとつで、甘み・旨味・柔らかみがあり、極上の牛として知られています。牛とろフレークは、そんな松阪牛の希少な部分を使用して作ったもので、これこそ真の贅沢品といっても過言ではありません。白いご飯にふりかけて、ご飯にとろ~りとろけるフレークを味わってみてはいかがでしょうか。
 
ご飯のおともにはもちろん、生卵と混ぜてユッケ風に、酢飯とフレークを海苔で巻いて手巻寿し風に……。さまざまな形で堪能できます。

全国各地にはまだまだ絶品のおともが……

ここでは、定番オブご飯のおともといっても過言ではない梅干しから、ご飯にのせるなんてもったいないと思うような松阪牛のフレークまで、さまざまなご飯のおともについてご紹介しました。また、全国各地にはもっとたくさんのご飯のおともが存在しています。全国各地のご飯のおともをお取り寄せして食べ比べをしてみてはいかがでしょうか?

 

自分なりのご飯のおともを見つけることができれば、毎日のご飯がもっと楽しくなるかもしれません。でも、食べ過ぎには要注意です!ここで紹介したご飯のおともは豪華・絶品のものばかりなので、食べ過ぎちゃうとお腹はもちろんお財布にも響いてしまいますよ。

 

特別な日に、頑張った日にご褒美として購入してみてください。

 

⇒詳しくはこちら:どうさんねっと

文:Kuppy
自己紹介:ファッション、美容を中心にトレンド全般に敏感な20代女子。最近はDIYにハマっていて、西海岸テイストの部屋にしたい。今、ほしいものは「ダイニングソファー」。

この記事に関するキーワード