ギフト

ありきたりなお中元には飽き飽き。おすすめの新感覚グルメって?

フフルルニュース

ありきたりなお中元には飽き飽き。おすすめの新感覚グルメって?
お中元の季節になると迷うのが、贈り物を何にするかです。毎年同じものを贈るより、思いきって新感覚のギフトを贈ってみてはいかがでしょうか? ここでは、お中元のギフトにピッタリな新感覚のおすすめのグルメをご紹介します。

毎年夏になると、スーパーやデパート等にお中元コーナーが設けられ、さまざまなギフト商品が並びます。この季節になると、「今年はどんなものを贈ろうか」と迷ってしまう方もいるのではないでしょうか? もちろん定番のギフトを贈るのもいいですが、より感謝の気持ちを示したいのであればギフト選びにとことんこだわってみましょう。

 

このページでは、できれば避けたほうがいいギフトとお中元のギフトにピッタリなおすすめギフトの事例を紹介していきます。ギフト選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

これは避けたほうが無難! 要注意なギフトを把握しよう

ギフトを選ぶ前に、まずは避けたほうが無難なギフトの種類を把握しておきましょう。以下に、具体的な例を紹介します。

 

普段の買い物で手に入るもの

お中元やお歳暮といった季節の贈り物には、普段の買い物では購入しない特別なものがよく選ばれます。洗剤などの日用品を贈っては微妙な手応えになってしまうかもしれません。せっかくなので、お中元ならではの特別な一品を贈るのがおすすめです。

 

毎年同じギフト

「何年も同じギフトを贈っている」というケースも考えものです。相手が本当に喜んでくれているのであれば問題ありませんが、やはりどこかで変化をつけて感謝の気持ちを示すのがおすすめ。

 

好み・こだわりが分かれるもの

お中元でよく見られるのが、「相手の好きなものを贈ったつもりが、細かいこだわりにまで応えられなかった」というミスです。逆に相手の反感を買ってしまう可能性があります。特に紅茶やコーヒーなどの嗜好品は定番のギフトですが、個人の好みやこだわりが強くあらわれるものでもあります。相手の好みやこだわりを細かく把握していないのであれば、こうした種類の商品は避けたほうが無難です。

一概にこれらのギフトを避けるべきとは言えないものの、実際に贈る際はやはり相手の好みや事情を第一に考慮することが大切です。

これで差をつける! おすすめギフトを紹介

「今年のお中元は、今まで以上にこだわりたい」とは思っていても、いざ何を贈ろうか考えると難しいものです。そこでおすすめしたいのが、可愛いカットフルーツの詰め合わせやオシャレな高級スイーツのセットです。

カットフルーツの詰め合わせ「ハッピーカラーフルーツ」
カットフルーツの詰め合わせ「ハッピーカラーフルーツ」

たとえば、さまざまなフルーツを食べやすい大きさにカットしてブーケ状にした“ハッピーカラーフルーツ”はいかがでしょうか? ハッピーカラーフルーツは、メロンやパイン、オレンジやプルーンなどバラエティ豊富なフルーツを星形やハート型にカットし、可愛く盛りつけたフルーツブーケです。定番のフルーツの詰め合わせやアレンジフラワーとも違う、個性的なギフトとして注目を集めています。

 

ハッピーカラーフルーツは、見た目の可愛らしさやインパクトはもちろん食べやすさも抜群。串付きのカットフルーツなので、ナイフやフォークで切り分ける必要もなく、開けてすぐにみずみずしいフルーツを食べることができます。フルーツのサイズや量が商品によって違うため、お子様用、ご家族用、パーティー用とさまざまな用途に大活躍するおすすめのギフトです。

スイーツのセット「エクレアートパルフェ」
スイーツのセット「エクレアートパルフェ」

「スイーツに目がない」という方へのギフトには、“エクレアートパルフェ”がおすすめ。エクレアートパルフェとは、アイスクリームとエクレア2通りの食感が楽しめる新感覚のスイーツです。フレーバーはストロベリー、チョコレート・トリュフ、ピスタチオ、プラリネなどの全8種類が用意されており、それぞれのフレーバーに厳選された素材が使用されているのが特徴。ムースアイスの軽やかな食感と、各種フレーバークリームの濃厚な味わいが人気のスイーツです。“王様のブランチ”などのメディアにも取り上げられ大反響となった話題のギフトで、お世話になった方へ感謝の気持ちを示してみませんか?

これらのギフトは、「ちょっと高級感のあるギフトを贈りたい」、「新感覚のギフトを贈ってほかの人と差をつけたい」、そんな方におすすめします。

マンネリなお中元にさよなら! 個性派ギフトで感謝の気持ちを示そう

いかがでしたか。定番のグルメ系ギフトも、選び方によってはインパクト抜群のギフトになります。「今年のお中元には、今まで以上のものを贈りたい!」そう意気込んでいる方は、ぜひ上記で紹介したおすすめグルメをご検討されてはいかがでしょうか?

⇒詳しくはこちら:ギフトパーク

         LT by LOUANGE TOKYO

文:Anzu Nakamoto
映画と絵を描くこととコーヒーが好きです。漫画とアニメとディズニーも好きです。

この記事に関するキーワード