子育て

人気の手作りランドセルの選び方。子どもが喜んで使えるその秘密とは?

フフルルニュース

人気の手作りランドセルの選び方。子どもが喜んで使えるその秘密とは?
"ぴっかぴかの一年生"といえば、なんといってもランドセルです。子どもたちにとっては、小学校生活六年間を毎日一緒に過ごす大切な相棒ですよね。一年生から六年生まで使い続けるものだから、デザインはもちろん、その質にもこだわりたい……そう思いませんか?

「ランドセル」と一言でいっても、そのデザインや材質はバラエティが豊富です。カタログを見ながら、子どもと一緒に「何色がいいかな?」「どんなデザインがいいかな?」と話す時間は、とても楽しいものです。どうせなら、子どもも親も大満足のランドセルを選んでみましょう。

ほつれてこないのは、実は「手縫い」のランドセル

ランドセルの生地は厚みがあります。その分、機械でしっかり縫ってあるほうがいいのかな?と思いがちですが、実はそんなことはありません。職人さんが一針一針丁寧に縫い上げたランドセルは、ときが経ってもほつれにくくなっています。

 

「楽しい学校生活を送って欲しい」「すてきな思い出をたくさん作って欲しい」そんな思いを込めて、丁寧に作り上げられたランドセルは、お子様の小学校生活の相棒にぴったりのかばんです。

選ぶときにチェックしたいポイントは何?

萬勇鞄 ベーシック
萬勇鞄 ベーシック

ランドセルを見に行ったけど、たくさんありすぎて何を見ればいいのか分からなかった……そんなママやパパも多いのではないでしょうか。

ランドセルを選ぶときにチェックしたいポイントは、「素材・軽さ、丈夫さ、収納力」の3点です。子どもに実際に背負ってもらい、背中にぴったりとフィットしているかの確認や、反射テープはどの位置についているかの確認もおこなっておきましょう。

カラーやデザインで「自分らしい」かばん選び

萬勇鞄 ピュアハート
萬勇鞄 ピュアハート

6年間使うランドセルは、機能性だけでなくカラーやデザインにもこだわって、子どもに「大切にしたい」と思ってもらいたいですよね。

ランドセルのカラーには、黒や紺、赤やピンクのほかにも目を楽しませてくれるものがたくさん。

 

男の子なら、大人っぽい高級感のあふれる深緑や、ちょっとユニークなシルバーやゴールドなどです。女の子ならツートーンの縁取りがカワイイものや、ガーリーなパープルもすてきです。

 

ティアラや騎士マークといった、ワンポイントデザインが入ったものも種類が豊富です。

卒業式の日に「今日まで使ってよかった」と思えるものを

こだわり抜いて選んだランドセルならば、子どもたちが小学校を卒業するまで、よき相棒として学校生活を支えてくれるはずです。卒業式の日に、「このランドセルをあのとき選んでよかった……」そう、親も子どもも思えるものを選んであげましょうね。

 

⇒詳しくはこちら:萬勇鞄

文:マケナ雅美
ダラス在住の博多っ子。おいしいご飯とかわいい小物やアンティーク食器が大好きな2児の母です。

この記事に関するキーワード