コラム

目上の方から褒められる手みやげを選ぶ

新スタンダード講座「手みやげの手習い」vol.2

目上の方から褒められる手みやげを選ぶ
和文化研究家の三浦康子さんが選ぶ手みやげは美味しいだけじゃない! 季節感があるものや、人気・話題のもの、プチ感動があるもの、ついつい話したくなるストーリーのあるものばかりです。和文化研究家・三浦康子さんの“ハズさない一品”をご紹介します。

2つの気配りで、手みやげ上手に

三浦さんが目上の方に渡す手みやげを選ぶときに気をつけていることは何でしょうか?

 

「相手に対する気配りと、物に対する気配りです。特にご年配の方にお渡しするときは、相手の健康状態に気を遣った商品の選択が必要です」

 

こういった場合の相手への気配りとは、塩気の強いものやアルコールなど、避けた方がよいものをリサーチしておくことでしょうか。相手に合わせて適切な気配りができるとよいですね。

 

「そして、物に対する気配りはそのセレクトに表れます。やはり、品格のあるもの、ブランドのものは候補に入れていいと思います。あとは、季節限定品などは、試してみようと思ってもなかなか手に入らなかったり、貴重なものということで喜ばれることが多いので、取り入れてみてはいかがでしょうか」

 

限定品というと、少々ハードルが高い気もしますが......。

 

「そんなに堅苦しく考えなくていいんです。手みやげは感謝の気持ちや喜びを共有する"コミュニケーションツール"なのですから!」

 

三浦さんが選んだ5品は、和菓子、洋菓子、さらにはお吸い物までバリエーション豊富。三浦さんの過去の体験から見つけ出した、地方の美味しいもののお取り寄せも。まずは、ご自身の目で、舌で、確認することをおすすめします!

ピュアフルーツジェリー

かの有名果物店・日本橋「千疋屋総本店」の大粒フルーツのジェリーに思わず笑みがこぼれてしまいそう。もらったら絶対に嬉しい手みやげのひとつ。

 

「高級感や美味しさもそうですが、常温保存OK、日持ちもするというのがお気に入りです」

 

受けとった側があわてて冷蔵庫に入れなくてもよいという、三浦さんの気配りが光ります。

 

価格:5個入り 2100円(税込)

お問い合わせ:千疋屋総本店 日本橋本店 03-3241-0877

小鯛焼(竹篭入り)

手みやげの定番・鯛焼も、目上の方への手みやげなら少しオシャレに。

 

「“めでたい”ということで、お祝いにはぴったりですよね。ひとくちサイズの可愛らしさ、竹篭のインパクトもお気に入りのポイントです」

 

上品な丹波大納言粒餡の甘さに、ふっくらとした皮の相性が◎。

 

「頭から尻尾まで餡がぎっしり。小さくても本格的なのがいいですね」

 

価格:7個入り 1943円(税込)

お問い合わせ:桃林堂 青山店 03-3400-8703

おもてなし

お湯をそっと注ぐと、ふやきの中から色とりどりの具が広がり、見た目にも楽しいお椀のできあがり。加賀みそのおみそ汁や昆布だしが優しいお吸い物などのセット。

 

「特にご家族がいらっしゃる方に喜ばれます。甘いものという選択肢の他に、このような万人に受けるものを手みやげの候補に入れると役立ちますよ」

 

価格:10個入り 2100円(税込)

お問合せ:加賀麩不室屋 0120-26-6817

桜の金平糖 ※3月限定商品

塩漬けした桜の花びらを細かくして蜜掛けし、軸を煮立てて色と香りをとるので、ほんのりと広がる桜の風味が美味。

 

「伝統の製法で熟練の職人さんが手間暇かけて作っている、“本物の金平糖”です。きっとひとくち食べたら驚きますよ!」

 

京都・緑寿庵清水の金平糖は、究極の金平糖から季節限定品など約60種類もあり、パッケージにもそれぞれ工夫が。季節の訪れを目で愛でて、舌で味わってみてください。

 

価格:2100円(税込)

お問い合わせ:緑寿庵清水 TEL 075-771-0755

鹿の子餅 10個入り

雪のような真っ白なお餅に入っているのは、大粒の蜜漬け金時豆。ふんわりとした食感は万人に愛されること間違いなし。

 

「富山に住んでいたときの私の定番の手みやげでした。東京ではなかなか手に入らないということで、美味しくて珍しいので、手みやげの“鉄板”です」

 

三浦さんにとって名刺代わりの逸品。手みやげを通して会話が弾むのだそうです。

 

価格:10個入り 1470円(税込)

お問い合わせ:富山不破福寿堂 076-423-6420

 

三浦さんの選ぶ手みやげはさまざまな場面で応用できそう。

「いざというときにすぐに贈れるように、自分の“鉄板の手みやげ”のお店を見つけるといいですよ」と三浦さん。手みやげは相手があって成立するもの。相手の顔を思い浮かべて丁寧に選ぶ手みやげならきっと失敗なしでしょう。

次回は、同僚や友人から喜ばれる手みやげセレクションです。

 

【今回のポイント】

・ 相手に対する気配りと、物に対する気配りを。

・ 品格のあるもの、ブランドのもの、季節限定商品は喜ばれる手みやげの基本。

・ “鉄板の手みやげの店”を見つけておく。

 

※本文中の価格は、2014年2月現在の税率5%での表記です。

 

文・海老原悠 写真・長谷川祐也

講師プロフィール

三浦 康子 さん
和文化研究家、ライフコーディネーター わかりやすく楽しくをモットーに、古を紐解きながら今の暮らしをライフアップさせる方法をテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、セミナーなどで提案している。NHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」などレギュラー、連載多数。All About「暮らしの歳時記」ガイド、キッズgoo「こども歳時記」ナビゲーターもつとめ、「私の根っこプロジェクト~暮らし歳時記」でも注目されている。「行事育」を提唱し、4月に行事育の本を出版予定。著書に『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)、監修書『なごみ歳時記』(永岡書店)など。

この記事に関するキーワード